キヤノンデジタル一眼レフのある生活  キヤノンデジタル一眼レフのある生活RSS  キヤノンデジタル一眼レフのある生活について キヤノンデジタル一眼レフのある生活について  
ディズニーランド写真 on Flickr
--/--/-----:--:-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 写真ブログへ
スポンサー広告||TOP↑
2009/06/14-07:47:55-Sun
デジイチ初心者・入門編
http://deziiti.com/

少々前から作っていまして、カテゴリにも載せていたのでご存知かもしれませんが。
デジイチサイトを作っていました。
少々形になってきたので、紹介させてください。

F値だとかシャッタースピード、被写体深度だとかそう言うテクニカルな部分はあまり紹介していませんw(そのうち自分なりの記事は書きたいと思っていますが)
デジイチの小物だとか、便利グッズだとか。
そう言う
「デジイチで遊ぼう」
の様な、サイトにしたいと思っています。

よろしかったらご覧ください。

デジイチ初心者・入門編
http://deziiti.com/



にほんブログ村 写真ブログへ
スポンサーサイト
一眼レフ・デジカメ初心者購入選び方コメント(6)TOP↑
2009/04/08-08:33:34-Wed
デジカメ初心者の購入する際の選び方

メーカーの選び方は、個人的な好みの問題もあると思います。
私の場合、操作性や前作との比較がしやすいと言う事で、基本的にキヤノンのデジカメしか買っていません。
一眼レフであれば、ニコンなども人気ですし。
コンパクトデジカメであれば、色々ファッショナブルなモデルも他社から出ています。
メーカー別比較ですと、流石に個人ではそこまでデジカメを買い込んで使い勝手を比較出来ません。
当ブログでは、基本的に「キヤノン」での選び方、そして他社であれば同等のモデルが出ていますので、横の比較で解説します。



①デジカメの買い時は?

後発のモデルの方が色々機能が付いてくるので「欲しい時が買い時」とも言える電化製品。
一昔前携帯電話に色々機能が(カメラなど)付くたびに人気になっていましたが、最近では付ける機能が飽和状態になり、逆に機能が無いシンプルな物にニーズが出たりしたように、デジカメでも
「機能合戦」がどこまで行くのかが、買い時に左右されています。
画素数→手振れ補正→フェイスキャッチなど
最近のデジカメの機能合戦はほぼ終了したのではと思うほど、付ける機能が無くなりつつあります。
一番ローコストでコンパクトなラインでも、写真を撮るのに必要と思う機能が付いているので、安心して購入しやすい時代になったと感じています。


②色々な機能の流れ

デジカメが登場した当初は、画素数の向上を各メーカーが競っていました。
最近ではフィルムカメラに匹敵するほど綺麗に撮れる様になるまでになったので、画素数での勝負は終焉を迎えました。
逆にあまり画素数が大きすぎると、PCなどで管理する際のデータ容量が大きくなりすぎたり。
各メーカーもニーズにあった画素数で商品スペックを作る様になった感じです。
スナップ写真程度の使い道であれば、どんなデジカメを買っても画素数を気にする時代では無くなりました。
次に、写真を素人でも撮りやすい機能を付けることに各メーカーが競い出しました。
手振れ補正などは、やはり素人にはありがたい機能です。
人の写真の赤目補正なども、嬉しい機能です。
これらの機能も、開発された当初は値段の高いモデルにしか付いていなかったりしたのですが、現状ではローコストモデルでも大体欲しい機能が付くくらいの時代になりました。
更に素人でも撮り易い機能を付けること、そこが各メーカーが凌ぎを削ってる。
そこが現状だと感じますが、すでに普通に撮るには十分な機能が付いていますので、自身の好みに合わせて機能を見るくらいの感覚で良いでしょう。
フェイスキャッチなどは、短焦点で無く、数人の人物がいればそこに焦点を合わせる機能だったりします。笑い顔に合わせる機能スマイルシャッター(これはSONYですが)などなど。
好みに合わせて選ぶ様な機能を各メーカーが争うような時代だと思っています。


③好みに合わせて買う際にも気にする点

今まで書いたように、基本的機能では十分な時代になってきたデジカメですが。
好みに合わせるという部分での気にする点について書いておきます。

-メディア
記録する媒体が何かは気にしてみて良いと思います。
自分の使っている携帯電話との互換性などを考えたり、miniSDでしたら、デジカメで使っておいて古くなったら携帯で使うなど使い回しが出来たりもします。

-お金
やはり予算は気になるところでしょう。
予算を使いたくなければ、一番ローコストモデルでも十分な時代です。
発売終了間際のラインであれば、結構な安値で買えることもあります。
発売当初3万円近い物でも、2万円を切るくらいまで値下がりします。

-大きさ
ここが一番好みに左右される所でしょう。
最近は超小型が人気ですが、小型である事を捨てれば同等の性能で安く買えます。

-カラー
ファッショナブルなモデルが人気な様に、おしゃれ感は好みに左右される所でしょう。

-ズーム
4倍程度のズームがあれば、日常写真などには困りませんが。
例えば、入学式や卒業式などで後の方の席から自分の子供を撮りたいような場合、多少ズームが足りないと感じることもあるでしょう。
また広角がいくつから始まるかなどは、撮影シーンに応じて見て見るのも良いでしょう。

-その他
そこまで気にすることは無いことかもしれませんが、好みに応じてチェックするところとして。
・暗い場所での撮影に適しているか?
・連射スピード:デジカメと言う性質上写真を撮ることのコストが殆どありませんので、シャッターチャンスを逃さない為にも連射が早いのが良いです。
・マニュアル操作:シャッタースピードなどを変えたり出来るモデルも中々面白いです。
・動画の画素数:最近はデジカメでも十分動画機能が付いているので、高画質な物を選べばデジタルビデオが必要ないくらいです。



結論として

簡単に使うのがメインのニーズなら超コンパクトカメラのIXY。
デジカメもついつい一番小型のモデルの使用頻度が多いです。
IXYシリーズも、値段が高い方がズームや広角などが強いのですが。
超コンパクトデジカメで、そこはあまりこだわらなくても良いのかなと言う事で。
小型でファッショナブル一番価格帯も安く、2万円以下で買えるIXY DIGITAL 110 IS。




それなりにズームも使いたい。
そこそこは写真を撮ることで遊びたいなら
12倍ズーム広角にも強く、マニュアル撮影も出来るPowerShot SX200 IS




一眼レフまで行くなら。
HD動画も取れて本体価格が10万円を切った
CANON EOS Kiss F

そしてレンズは、初心者であればレンズ交換などの頻度が少なくて済むように。
1本のレンズで活躍範囲が広く焦点距離の幅が18-200mmある
EF-S18-200mm F3.5-5.6 ISがお奨めです。





にほんブログ村 写真ブログへ
一眼レフ・デジカメ初心者購入選び方コメント(1)TOP↑
プロフィール

canoneoskiss

サイト管理人:ニコルソン
カメラ素人ですが、色々撮ってみたいと思っています。

年間購読!
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
Yahoo!ログ-ル
Flickr&Picasa

FC2検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。